インストラクターのブログ
フィットネスインストラクター岩崎 浩美のオフィシャルブログ
フィットネスインストラクター岩崎 浩美のオフィシャルブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > 想い

想いのアーカイブ

Stay 〜そこにいる〜

  • 2013-09-02(月)22:36
  • 更新日:2013-09-03 12:10

Stay

私は・・そこにいる。

ということ。

ついつい、浮き足立ってしまう。

ではなくて。

Stay

スキージャム勝山で、講師養成講習会に参加してきました。

15名の仲間と、5名の講師の皆さんと2日間過ごしました。

そこに行くまで、いろんな事があって、

そこに行くまで、私の中で思いが巡らされていて、

でも、

そこに行く事を、自分で選んで、自分で決めました。

そうすると、ワクワクする自分がいました。

初めの挨拶の時にも、その事をみんなに話した。

「昨年は直感で来た。今年は自分で決めて自分で来た。」

自分で決めて、自分で動く事は、

自分の好きにできるけれども、自分の責任を自分で取るという事。

誰のせいにもしないという事。

誰かに何かを感じる時、

それを決めているのは、自分自身。

例えば、

「○○さん、怖い顔して、怒っているわ〜」って

決めているのは自分自身。

だったら、

「○○さん、真剣な顔つきになってるわ〜」って

決めればいい。

自分でそう決める事で、そう見えてくる。

そう決められた人も、なんだかそんな風に変化を起こしたくなる・・・

そんなものみたいです。

まっ、違っていたら、そこでコミュニケーションとればいい。

それが、

自分自身が Stay そこにいる ということ。

つい相手の方に行き過ぎて、

相手の事に捕われ過ぎて、

自分自身がそこにいなくなる。

自分がそこにいなくなるから、不安になる。

不安になるから、自分を誇示したくなる。

そもそも、

自分自身が そこにいればいい事。

そんな事を、

この仲間たちが教えてくれました。

人と関わる事でしか、

私たちは、生きていけない。

私たちは、

人と関わって、生きていける。

人と関わって、幸せになる。

人と関わって、大きく成長する。

人生を・・・

そんな風に・・・

軽やかに生きていきたい。

Hiromi

新しい気持ち! 〜水中機能改善体操指導者育成コース〜

  • 2013-08-26(月)23:14
  • 更新日:2013-08-27 11:36

広島で、水中機能改善体操指導者育成コース、開催されました。

いきいき・のびのび健康づくり協会の尾陰先生にお越しいただき、スタートです。

日曜日の16:00〜22:30

月曜日の9:30〜18:30

後、今週の金曜日が最終日です。

なんて、すごいカリキュラムでしょう?!

家に帰る事も、まるで長い休憩時間のような・・・

でも、

プールが使える時間を設定すると、そうなるんです。

仕方がない・・

でも、皆さん、すごい集中力でした。

まず、

概論では、機能改善する事の大切さや、どうやったら機能改善するかという事。

また、それを脳にインプットし、心でも腑に落ちて、理解できるように、

水の特性や、解剖学を学びました。

人が、

ただ聞いただけ、学んだだけでは、それだけで・・・

本当の意味で理解できる瞬間は、

聞いた学んだ事が、「過去の自分の経験と合致した時」なんですって。

つまり、聞いた事を、過去の自分の経験と合致させる為に検索していく事が大事なんです。

つまりは、経験が多い程、合致する可能性が高いので、

いろんな経験をしなければいけないわけです。

今回、先生の講義の中でおっしゃった事が、私の中の脳の学びとたくさん合致しました。

ものすごく,腑に落ちたわけです。

楽しいレクチャーでした。

それから。。

プールでの壁を使った体操「ウォール体操」です。

壁を使う事の利点や、細かい動きも教えていただきました。

月曜日も。。。

プールを変えてオアシス広島店のプールです。

皆さんの気持ちをみんなでシェアし。。。

先生から、いろんな言葉をいただき・・・

再びプールへ!

歩いたり。。。ツールを使ったり。。。

輪になったり・・・

大事な事は、

自分のクラスに来られる参加者のを見て、自分で考えること。

自分が楽しむ事。

自分の為に自分が行う事。

自分がそこにいる事。

機能改善をするのは、体操をやったから、ではなく、

その人がそこに、みんなと一緒にいた結果。

人を気遣う心や、

良くなって何かしたいという意欲や、

そんな気持ちをみんなで共有した結果なんだとわかりました。

先生の熱い講義をお聞きしながら、

自分自身のことを振り返ったこの2日間でした。

水中でできる事。

水中でしかできない事。

みんなでしかできない事。

今回共有したみんなで、まずは自分な為に・・・

やり続けていきたいです。

Hiromi

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ロシナンテス 川原尚行先生

  • 2013-04-14(日)21:05
  • 更新日:2013-04-15 18:09

認定NPO法人ロシナンテスの川原尚行先生の講演を聴かせて頂きました。

実は、私は川原先生をほとんど知らずに・・・

ただ、友達につられてそこに行ってみました。

スーダンで、子供たちを助ける活動をなさっている方「偉いな〜!」

そんなイメージでした。

講演が始まり、ずっと写真を見ながら話しをしてくださり、どんどん引き込まれていきました。

2011年3月11日 あの震災の日に先生は、たまたま東京におられたそうです。

自分は行く!と決断され、あらゆる手を使い、様々な事を無視して、ただ信念で

スーダンに行く予定だった看護師さんと共に、

3月14日には宮城に入られたそうです。

で、まず、なさった事は・・・

避難所の皆さんのもとを回って「大丈夫です!私は医者です!」と、手を握って手当する事。

肉親、友人を亡くされたり、行方不明のままで不安に過ごされている方には、何をおいても心のケアなのだそうです。

そして、ずっとその方々に寄り添い、話し合い、励まし、今もそうしておられるのだそうです。

印象的だった言葉の一つです。

「被災地やスーダンには、

本当に、何もない。でも・・・何かがある。

日本には、

今や、何でもある。でも・・・何かがない。」

私もそう思います。

何か大切な物がなくなっている・・?って思います。

そして不安になります。

社会には答はない!とおっしゃってました。

その通りですよね。

スーダンと日本のどちらがいいのか?どちらが幸せなのかなんて答はないと思います。

でも、

今の日本の社会全体が、もしかしたら、何か大事な物を失ってしまっているかも・・・

って思います。

これを、

「このまま後世の子供たちに渡してはいけない」

先生はそんな風におっしゃってました。

「我が・・我が・・そんな風になっている所を、

ほんの少し、後世の子供たちの為に良いと思う事を選択する!ということ」

これが大切だと!

本当に、一人一人がやっていかなければいけない事です。

私は、新しい会社を作り少しだけ回り始め、

今後の事を考えていました。

そして、少し考えすぎていました。

先生は、こんな風にもおっしゃいました。

とにかく1歩踏み出してみる事が大事で、

その1歩は、人によって違うから、それでいい。

前に出たつもりが、もしかしたら後ろに出していたり、横っちょかもしれない。

それでも、1歩踏み出すと、転がり始めるから。

それから軌道修正すればいい。

私、救われました!

本当に前に進めているかな?って不安だったから。

でも、それでいいって言ってくださった事が、うれしかった。

人から「それでいい」って言ってもらえるのってこんなにうれしい事なんですね。

先生は最後に、ハチドリの話をなさいました。

ネットで見ると、ハチドリの話、たくさん載ってました。

有名みたいですが、私は初めてききました。

こんな話です。

森が火事になりました。

動物たちがみんな逃げていきます。

その中を、1羽のハチドリが森の方に向かって飛んでいきます。

小さなくちばしに、1雫の水を含んで・・・

動物たちがハチドリに「何をしているの?」と聞きました。

ハチドリは、

「今、私に出来る事をやっているだけです」

私は、涙が止まらなくなりました。

今、こうして書いていても涙が出てきます。

ハチドリが小さなくちばしに水を含んで飛んでいる様子が・・・

ありありと見えてくるんです。

私は、前世は、ハチドリだったんだろうか?

そして、最近の私は、ハチドリだったかな?

今、自分に出来る事をやるだけ。

先生も、目の前に困ったいる人がいるから助けるだけ。

っておっしゃってました。

それが、被災地の宮城であったり、スーダンであっただけ。

私はここで、広島で、今のこの位置で出来る事がある。

いろんな事がクリアになりました。

それが出来る立場と、環境を作る事が出来ています。

後は、やるだけです!

川原先生、本当にありがとうございました。心から感謝いたします。

先生が、私を応援してくださるように、私も先生を心から応援させて頂きます。

Hiromi

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

広島の神楽 東京公演

  • 2013-01-19(土)23:04
  • 更新日:2013-01-22 10:17

広島の安芸高田市の「原田神楽団」の東京公演が行われました。

この公演に、同行させていただきました。

日本橋の三井ホールでの公演は、超満員!!

拍手大喝采の中、無事終了いたしました。

皆さんは、広島の神楽をご存知でしょうか?

広島には小さな部落にいくつもの神楽団があります。

その神楽団に、高校生から60代の団長さんまで在籍され、

無形文化財に指定されて、伝統を守っておいでになります。

日本の古き良き時代の、古き良き伝統を、しっかり受け継いでおられる「原田神楽団」が、

私は大好きです。

舞、奏楽は、もちろんの事、

舞台作り、音響、照明、すべて自前ですべて皆さんで賄われます。

その、すごさは・・・言い表せません。

この安芸高田市原田の神楽に魅せられ・・・

生き方や、考え方や、ものの見方まで変わってきた気がします。

何より、広島が大好きになった事は、自分の人生の中でとてもありがたい事です。

ここに導いてくださった方や、チャンスをくださった方、見守ってくださった方々に心から感謝しながら、

東京公演の1日を過ごさせていただきました。

神楽の魅力や、

いきさつは・・・また次の機会にさせていただきます。

関係者の皆様、お疲れさまです。

神楽団の皆様、本当にありがとうございます。

とても幸せです!

Hiromi

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

遠くからの激励!

  • 2013-01-14(月)22:44
  • 更新日:2013-01-16 03:56

Uさんが、

わざわざ、広島においで下さいました。

私の将来を激励する為に!です。

Uさん、ありがとうございます。

Uさんは、広島には、

修学旅行と、数年前に一度広島にお見えになっただけで、

生涯で3度目だそうです。

どうしてもお好み焼きが食べたいとおっしゃったので、

広島の私たちの行きつけ「ふーふー」にご案内しました。

昼間で、その後のご予定がおありでしたので、ビール!ってわけにはいかず・・・

1本を、2人で分けて、いただきました。

(半分は、いただいた訳です・・・)

車で移動する間も、ずーっとお話してました。

いつものように、私にたくさんの情報をくださいました。

本当にありがとうございました。

私も「行きたい!」って、皆さんに申し上げますが・・・

本当に、その人に会いにいけてるかというと、

それは・・・なかなか??

でも、本当に来てくださるとこんなに嬉しいんだなって思いました。

私も、

できるだけ、足を運び、

たくさんの方に、もっともっと出逢っていきたいと、

それが大事だと思いました。

そんな事も含めて・・・

Uさん、本当にありがとうございました。

私、がんばります!

Hiromi

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > 想い

カレンダー
« 2017 年 3月 »
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
リンク
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る